既経過利息の計算書

既経過利息の計算書

相続手続における既経過利息とは、亡くなった方の死亡日後、預貯金を解約した時点までの利息を意味します。

相続税の相続税の申告が必要な方の場合、主に定期預金などについては、申告の際に既経過利息の計算書が必要になります。これは定期性預金については普通預金に比べて利息が高いため、亡くなった日の残高に解約の日までの利息を加算した額で相続税の評価額を行います。

つまり、定期預金などの相続財産として評価は、

(亡くなった日の定期性預金の額 + 解約日迄の既経過利息 ― 利息にかかる所得税の額)

となります。

残念なことに、現在では定期預金も普通預金と変わらないくらいの金利であることが殆どですが、定期性預金についてはこれらの証明をつけて相続税申告を行うことが一般的です。

少し細かくなってしまいましたが、これらの計算書についても、各金融機関において発行してもらう事が可能です。

取得する書類の種類等は、相続税の申告対象か否か等、それぞれの相続の手続きによって異なります。

お忙しい方などは金融機関での手間が二度手間、三度手間となりますので、専門家にご相談された上で相続手続きを始められた方が宜しいかと思います。

 

既経過利息の計算書の取得に関して

既経過利息の計算書も残高証明書と同様、殆どの金融機関で相続人のうちの1人(または遺言執行者、相続財産管理人、遺産承継業務受任者(弁護士・司法書士等))の依頼により発行が可能です。

それは、相続のケースにおいては他の相続人への相続財産の報告が必要なケースがあるからです。

また、所定の手数料を別途納める必要があるため、相続人自らが銀行の店頭まで(平日の9時~15時迄)足を運ぶ必要があります。

こうしたお手続きについても、当所で代行させて頂くことが可能です。

 

金融機関別の必要書類はこちら

●ゆうちょ銀行の手続き >> ●横浜銀行の手続き >> ●横浜信用金庫の手続き >>
●みずほ銀行の手続き >> ●三井住友銀行の手続き >> ●三菱東京UFJ銀行の手続き >>
●証券会社の手続き>>    

 


Page Top